​巣

Nest (2019)

苔、草、土

moss, grass, soil

How do we define home, the physical architecture and the phycological experience? Why do we crave the need for home or a place we define as home? Sharing a location with other species, in-particular birds, something most of us do daily, though we take little notice of it, questions the concept of home and its meaning especially within species who migrate.

For a bird a nest is a temporary home for one purpose, to raise their young. They will spend intricate hours building the nest and then simply
leave it, this suggests a nomadic existence similar to how our hunter-gather ancestors may have lived. In a society where we spend most of our lives in one location do we still feel the innate need to move and travel as many other species do? A sleeping bag is surely the modern-day representation of a nomadic lifestyle. This work, therefore, aims to combine the building nature of birds with the contemporary human form, creating a sleeping bag that becomes a nest constructed from the environment around us. In addition to this, the sleeping bag has the potential to continue a life of its own, it can grow and provide a home for other species such as insects or worms.

[Artist in Residence] Kulturbahnhof, Klein Warnow, Germany

家という感覚はいかにして生まれるのでしょうか?物理的な建築から?あるいは心理的思い出?
そして人はなぜ我が家を必要とするのでしょうか?

私たちは人と共に暮らす野鳥を通して我が家の定義を探究してみることにしました。鳥にとって巣とは、幼鳥を育てるという一つの目的のために存在する一時的な家です。巣を作るために多大な時間と労力を費やすのにもかかわらず、目的を終えたら巣から出て行きます。この遊牧的生活は狩猟採集社会を持った私たちの祖先にも繋がるものがあると私たちは考えました。

生活のほとんどを同じ場所で過ごす現代社会においても私たちは移動や旅行することに生得的な必要性を感じているのでしょうか?私たちは寝袋は、遊牧民のライフスタイルを現代的に表したものであると考えます。この作品は、鳥の建築性と現代の人間のフォルムを融合させた巣であり寝袋です。また、素苔や土など私たちの身近にある自然を素材とすることにより家という概念を表現するだけでなく、ダンゴムシやミミズなどの昆虫に家を提供することができます。

[アーティスト・イン・レジデンス] Kulturbahnhof, Klein Warnow, ドイツ