_MG_9570.jpg

​Art and Nature Workshop

We recently ran an art and nature workshop with  Yuudai Yamamoto  and Meitetsu Second School in Shinojima island. We explored how we can explore different aspects of nature through art, to consider materials and our surroundings in art and in everyday life.

 

As Shinojima is a small island and in like many parts of Japan proximity to the sea is always a big part of life. We started by exploring the local beach, for potential materials and to learn about what is and shouldn't be there and remove the waste! We believe it is important for kids and their parents not only to be aware of but actually look at the state of the sea. The kids were interested in many of unknown objects from shells, bones and of course plastics from toys to the unidentifiable, all washing up on the beach, and it was amazing to see how much they were willing to engage with the cleaning process! Cleaning became an exciting adventure and discovery!

 

After the beach cleaning, everyone created their own lampstand with the organic materials. The final outcomes were all different and certainly, there was a whole new excitement when we switched on the light.  We hope to continue workshops like this and thank you so much for all the support and all who came and participated.

愛知県南知多の離島、篠島で行われた名鉄セカンドスクール主催の子供体験学習にて講師としてお招きいただきました。このワークショップは篠島で地域活動を行なっている山本雄大さんと共に取り組んだものであり、アートを通して自然の様々な側面を探り、アートや日常生活の中で使われる素材について学ぶ機会を設けました。

 

篠島は小さな島であり、海は篠島で暮らす人々を支えています。私たちは、子供たちと保護者の方が海の置かれた状態を知るだけでなく、実際に見ることが大切だと考えました。そのことからワークショップでまず初めに行ったことは、地元の浜辺を探索することでした。そこでは工作で使えそうな素材を探しながら、海岸掃除を行うことで、そこには何があるべきもので、何があってはならないものなのかを学びます。子供たちが、貝殻や骨、そしておもちゃやプラスチック類、正体不明のものまで、浜辺に流れ着いた未知なるものに興味を持ち、清掃にも積極的に参加してくれたことは驚きであり、喜びでした。海岸掃除も子供たちの冒険になりうるのです。

 

その後は、流木やそれぞれが浜から持ち帰った材料を使いオリジナルのスタンドランプを作りました。最終的にできあがったものはそれぞれ違っていて、灯りを点けたときの子供たちの笑顔はとても輝いており、今後もこのようなワークショップを続けていきたいと思いました。

 

このワークショップに協力してくださった皆様、参加してくださった皆様ありがとうございます!