flyer web finalfinal.jpg

 UPCOMING 

名古屋市文化基金事業 ファン・デ・ナゴヤ美術展2023
共生新世へむけて

TOWARDS THE SYMBIOCENE

2023年1月6日から1月15日まで、現代アートを通して自然保全や環境問題に触れるグループ展「共生新世へむけて」をファン・デ・ナゴヤ美術展2023 にて開催します。

 

「共生新世 きょうせいしんせい (Symbiocene)」とは人新世(現代)の次に訪れる可能性がある地質時代であり、環境哲学者のグレン・アルブレヒト氏によって提唱されました。これは人間社会と他の生命体が共存できる状態を示しており、持続可能な未来を示唆するものです。しかし、この時代は人々の意識が変わることでしか実現しません。そこで、「共生新世へむけて」は、芸術を通して自然に興味を持ってもらうことで、自然保全や環境問題への意識を高めたいという思いが集まり企画されました。  

 

本展覧会では植物、野鳥、ランドスケープなど、人々の暮らしと共にある自然のかたちが、絵画、彫刻、インスタレーション、映像作品などの様々な手法で表現されています。これらの作品はイギリス、ドイツ、オーストラリア、日本などの異なる生態系や環境情勢を持つ国を拠点とするアーティストら5組(ジュリアン・サガート、ロッタ・シュテーヴァー、ビンス・ハート、ザ・バウワーバード・コレクティブ 、エリオット・ヘイグ + ナナ・サワダ)が自然の中で体験した内容を元に制作しており、自然と社会のつながりや、自然界の魅力、またそれが抱えている問題などを多面的に伝えます。  

 

一人一人が自然保護と環境問題について考え、理解し、行動することが重要である現代で、自然と繋がっている、また繋がりたいという思いや考えは私たちに新たな感情や発見、共感をもたらしてくれるのではないでしょうか。

DATES

​会期

2023年1月6日 (金) 〜 1月15日 (日)

6 (Fri) January - 15 (Sun) January 2023

LOCATION

​会場

名古屋市民ギャラリー矢田

第2~3展示室

〒461-0047

愛知県名古屋市東区大幸南1丁目1番10号

カルポート東3F/4F

Nagoya Citizens’ Gallery Yada

Exhibition Rooms 2-3

1 Chome-1-10 Daikominami,

Higashi Ward, Nagoya, Aichi, Japan

461-0047

From 6 to 15 January 2023, the group exhibition ‘Towards the Symbiocene (共生新世へむけて)’ will be held at the Fan De Nagoya Art Exhibition 2023. using the concept of symbiocene the exhibition aims to raise awareness of conservation practices and environmental issues through contemporary art.

 

The Symbiocene is a potential geological era that will supersede the Anthropocene and has been proposed by environmental philosopher Glenn Albrecht. It represents a state in which human societies and other life forms can co-exist, in a state of symbiosis, thus suggesting a sustainable future. However, this can only be realised through a monumental change in the present. ‘Towards the Symbiocene’  was therefore conceived with the collective desire to raise awareness of nature, conservation and environmental issues by encouraging interest in nature through contemporary art.  

 

In this exhibition narratives within nature are explored from plants, birds, landscapes and individual experiences, portrayed and communicated through painting, sculpture, installation and video works. A collective exhibition featuring the work of Julian Sagert, Lotta Stöver, Vince Hart, The Bowerbird Collective, Elliott Haigh + Nana Sawada from the UK, Germany, Australia and Japan, through different ecological and environmental interests and pursuits the work looks to collectively define the link between nature and society, the fascination of the natural world and the problems it faces.

 

In an age when it is important for every individual to think, understand and act on nature conservation and environmental issues, the thought and idea of being and wanting to be connected to nature can bring us new feelings, discoveries and empathy.

10:00 -19:00

※ 9日 (月・祝) 、15日 (日) は 17:00 まで

※ 休館日:10日 (火)

* 9th (Mon) and 15th (Sun) open until 17:00

* Closing date: 10th (Tue) 

​OPENING HOURS

開館時間

​ADMISSION

観覧料

無料

​Free

EVENTS

関連イベント情報

キュレーターによるギャラリーツアー

開催日:1月7日(土)、8日(日)、9日(月・祝)、

    14日(土)、15日(日)

開催時間:全日程共通 14:00~15:00

参加料:無料

定員:各回 20名様

事前申し込み:不要

​Gallery Tour by curators

Dates: January 7 (Sat), 8 (Sun), 9 (Mon),

            14(Sat), 15 (Sun)

Time: 14:00-15:00 for all dates

Fee: Free

Capacity: 20 people per session

Booking: not required