時の研究室

Time Lab (2019)

ファウンド・オーガニック・マテリアル、粘土

found organic materials, clay

This installation work revolves around the use of casting and objects. Using extracted clay from the landscape itself the pieces evokes the sedimentary layers visible in the landscape. The casted works are raw clay casted from old wooden window panes of the same building the work was installed in, creating an unknown relationship that questions a natural or man-made existence. They were then displayed alongside an array of found fossils and rocks in a pseudo-scientific lab so that each holds a certain significance, waiting to be discovered.

[Artist in Residence] JOYA: AIR, Almeria, Spain

このインスタレーション作品は、粘土で型取られたとオブジェや出土した化石、岩石などを軸に作られています。使用した粘土は実態に私たちが採取したものであり、それはランドスケープの中にある堆積層を連想させます。そして、その環境にかつて建てられた建物の窓を粘土で型取ることで自然と人工物を問うような未知の関係性を生み出しています。粘土の窓や化石、岩石は、疑似実験室にディスプレイされることによって、それぞれがもつ意味を発見されるのを待っているかのようにも見えるでしょう。

[アーティスト・イン・レジデンス] JOYA: AIR, Almeria, スペイン